愛車のスポーツ仕様

車をスポーツ仕様にしたい人へ

愛車のスポーツ仕様 header image 2

エクステリアのアクセントに!ショックアブソーバー

2014年07月27日 · コメント(0) · 未分類

ショックアブソーバーと言うのは、およそ自動車と呼ばれるものには必ず装備されているものです。タイヤと車体とをつなぐサスペンションを構成している部品の一つであり、スプリングという部品とワンセットで用いられ、その名前の通り衝撃や振動を吸収する役割を担っています。構造としては、一対のピストンとシリンダーから成っていて、シリンダーの中にオイルや、そのオイルの流れを調整するためのオリフィス等が入っています。一般的にはタイヤハウスの中で、タイヤの奥に装備されていて、しかもシリンダーの色は黒が多いために、あまり目立つものではありません。しかし、その性能は自動車自体の運動性能に大きく影響を与えます。これを交換すると、車高を調整したり、衝撃や振動の減衰力を調整することができるため、チューニングパーツとして売られていますが、シリンダーの色を変えることで目立ちますから、ドレスアップパーツとしても販売されています。
スプリングと組み合わせで設計されているので、サスペンションとして販売されていることもありますが、整備士の方が常駐しているような大きな自動車用品店では、単独で販売されています。色としては、青や黄色、オレンジなどの色のものと交換すると、タイヤハウスの中でちらりと目立ち、外観上のアクセントになります。あまり目立った部分でなかったタイヤハウスが、少しお洒落な感じになりますので、合わせてタイヤホイールやタイヤも新品のデザインの良いものに交換すると、車全体の外観が引き締まって見えます。なお、車検の際にも、最低車高が適合していれば、交換した状態でも問題なく通ります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。